ブランド名や価格だけで愛車のオイルを選んでいませんか?当店では世界最高級のAMALIE・YACCOという2社のオイルを取り扱っております。長年自動車業界に携わってこられたお客様ほどこれらのオイルの良さを実感されています。

過酷なエンジンの基本性能を維持するということは、適当に扱われがちなエンジンオイルだけができる仕事です。本当に良いエンジンオイルを選ぶ事こそ、あなたにしか出来ない最高のメンテナンスなのです。ハードチューン等による油温上昇対策やメカノイズの低減には特に効果がありますので、是非一度お試しください。小西タイヤオートサービスが自信をもってお勧めします。

AMALIE

メルセデスベンツのオイル規格(メルセデスベンツ226.1& 227.1) 適合

AMALIEはベースオイルとしては最高のペンシルバニア原油を100%使用しております。素材の違いが体感できるオイルです。

YACCO

ラリー、レースで活躍するフランスを代表するオイル専門メーカー

YACCOは最新の化学合成テクノロジーで数々の世界記録樹立に貢献してきた超高性能オイルです。

高性能エンジンオイルで何が変わるの?

エンジンオイルを交換しただけで飛躍的に加速性能が向上するようなことはありません。ではどのような効果が高性能なエンジンオイルに期待できるのでしょうか。

表面上分かりやすい効果としては上記のようにメカノイズの低下などがありますが、これは強靱な油膜によって各パーツが保護され高負荷高回転でも摺動抵抗を低下させ耐久性が向上したことを意味しています。またエンジンオイルのもつ冷却作用を向上させた結果エンジンのオーバーヒートを抑え、それにともなって油温も低下するようになるのです。

具体的な効果を述べますとタイミングベルトは皆さんご存じだと思いますが、カムシャフトが滑らかに回転しなければタイミングベルトが無理に回転させようとして10万キロ走行するまでに破断してしまいます。

しかし高性能オイルを継続して使用しカムシャフトの回転抵抗を軽減しておけば、タイミングベルトの寿命は飛躍的に向上するのです。またスラッジの生成をかなり抑えますのでエンジン各部にオイルを供給している油路を狭くすることも少なくなりますので長期間潤滑性能を維持することが可能になります。

このように即効性は体感出来なくても高性能オイルを継続して使用することは確実にエンジンの耐久性を向上させているのです。